XRPの価格上昇に繋がる情報( xRapidなど)

Ripple社、米巨額送金企業MoneyGramと提携👏✨期待されるワケはxRapidと企業保有必須量でリップルXRP価格が上昇するから❢

リップル社が米国際送金大手マネーグラムとパートナーへ🎉今後送金にリップルXRP利用を公式発表

5月から噂されていたRipple社とマネーグラムの提携が公式に発表されました👏🎶

マネーグラムCEOのHolmes氏はxRapidとXRPは国際送金に最適だと語っている。「マネーグラム社は流動性に長けているが処理スピードが不十分だ。リップル社は高速化の技術は持っているが流動性に欠けている。だから今回の提携は完璧な組み合わせ」と説明。

お互いの弱みを補い合い、強みを生かせる相思相愛の提携となりました😊❤

日本人にはあまり耳馴染みがないマネーグラムですが、セブンネット銀行など見えないところで私たちの生活と密着した送金企業なのです💡

ではでは、マネーグラムの企業情報や規模を次の項目で見てみましょう👀

出典「「XRPを利用したxRapidは国際送金に最適」マネーグラムCEOが自信示す」、COINPOST

マネーグラム (MoneyGram)とは💰

マネーグラム (MoneyGram) …
国際的送金ネットワークのサービスを行なっている会社である。アメリカ合衆国テキサス州ダラスに本拠地をおき、ニューヨーク証券取引所に上場している。 Global Operations Centersをミネソタ州セントルイスパーク、Global Call Centerをコロラド州デンバーにそれぞれ置き、世界約200カ国・地域に23万拠点のネットワークを有している。世界各国に送金より10分程度で受取が可能なサービスを展開。時価総額153,765千ドル。
-Wikiより引用ー

マネーグラムの2016年における年間国際送金額は約6,000億ドル(約60兆円)を誇ります🌎💰
日本の1年間の国家予算がだいたい100兆円なので、どれくらい凄い規模なのかはご想像の通りです😳💦

マネーグラムが提携している企業数はざっとこんな感じです👇

また、マネーグラムではモバイルウォレットに送金する事業も行っており、ケニア、タンザニア、ルーマニアのM-Pesa口座、ジンバブエのEconet口座へのサービスを提供しています。Ripple社のxRapidが得意として得意としている少額送金、マイナー通貨と目指すものが一致しています。

出典:マネーグラムジャパン
   MoneyGram Investor Presentation

マネーグラムとの提携が期待される理由🔍価格上昇に直結する理由はxRapidの活用、そして企業でのリップルXRP保有📈

ここではマネーグラムがリップルXRPを活用した送金をすることによって何故価格が上昇するのか再確認します💡

リップルXRPの価格上昇する要因

リップルXRPを使用した送金では、送金総量の手数料が自動的に消滅する
(リップルXRPの送金時に手数料分が消滅するようにプログラムされているため)

xRapid経由の送金では、価格を左右する取引所からリップルXRPを直接調達するため価格上昇しやすくなる

多くの企業がリップルXRPを保有することにより、市場での流通量が減り価格が上昇する(様々な企業が個別にロックアップするイメージ)

送金手数料は一度の送金で短時間で着金させたい場合、大体0.15XRPを設定します。
何日もかかっていい場合の送金手数料最安は0.00001XRPです💡
これら手数料分が誰かがリップルXRPを送金するたびに消滅していきます💸📈

マネーグラムがxRapidを本格活用するための必須保有量はなんと83億ドル分のリップルXRP🔥

海外のRipple-Guid.comという情報サイトでマネーグラムがすべての送金でxRapidを利用した場合に必要になるリップルXRPの量が試算されていました。

そこには「マネーグラムと送金を請け負う全てのパートナー企業がxRapidでリップルXRPを活用した送金を行うと仮定すると約83億円分のリップルXRPが必要になる」とあります。

この予想で重要なのは、ただの投機による価格上昇ではなく実需による上昇であるということです📈
そして、これからMoneyGramのような企業が現れ始め、それが累進的に増えると予想されます👏

追記:アメリカ5大送金企業の一つ「ウエスタンユニオン」がxRapid送金試験中!

2019年10月8日、ロンドンでEUのストラテジックアカウント担当バイスプレジデント、リップル社、そしてグローバル決済担当グローバルヘッド兼クリスチャンフレッチャー、ウェスタンユニオンがクロスボーダー決済と国際貿易の動向についてパネルディスカッションを行います。

ウエスタンユニオンとRipple社がこのイベントでどのようなディスカッションをするのか、マネーグラムのxRapid活用の発表を含め世界から大注目されています。

ちなみにウエスタンユニオンは国際送金業務においては業界随一で、全世界200以上の国と地域に480,000ヶ所以上の取扱店舗を持っているグローバル企業です。

マネーグラムも本格稼働までの準備はこれからですので、時間はかかると思います⌛
現在も40円台でモミモミしてますし、本格的に動き出すまではリップルXRPはまだまだ買い場ですね😊🎶

私も将来を楽しみに買い増ししていきますー🌠✌

出典:「How much Ripple would MoneyGram need for a full scale implementation?」、Ripple-Guid.com

「よし、リップル買ってみよう❢」と思った方はコチラ👇✨

3分で登録!簡単リップル($XRP)の買い方

リップルを買うなら?
取引所のシステムの安全面と手数料を徹底比較

⬅️もし「おもしろい・役に立った!」と思ったら、SNSでシェアして頂けると嬉しいです😊🍀

bitbank QUOINEX bitbank
ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)