リップル Ripple/$XRP

リップルネットで送金数が過去最高に👏✨ブラジルと南米で高まるリップルネット需要🌊

Ripple社がブラジル支社を設立、ブラジルで顧客増加📈

ブラジルでリップルネットの需要が拡大しています。顧客増加に対応するためRipple社ブラジル支社が設立されました。「私たちは、ブラジルと南アメリカ全土での国境を越えた支払いの課題にお客様が対処できるよう、急速に成長しています。」とRipple社の公式でも近況報告しています。

ブラジルでこれまでの大きな動きを振り返ってみると、2018年2月にブラジル最大の銀行「Itaú Unibanco(イタウ・ウニバンコ)」がリップルネットに加盟しています。

11月には三菱UFJ銀行と子会社のBanco MUFG Brasil S.A.が、サンパウロに拠点を置くBanco Bradesco S.A.(ブラデスコ銀行)と新たな国際送金システムの開発で協力を進めていくとの覚書締結を公表しました

ブラジルが何故重要?マイナー通貨同士の送金はリップルXRPを利用したxRapidが活躍


何故ブラジルや南米での送金が注目されるのかと言えば、マイナー通貨同士での取引は仮想通貨リップルXRPを使用した送金のxRapidが最も得意とするもので、xRapidでの送金実需と直結するものだからです。

xRapidでは取引所で送金するたびに取引所でリップルXRPを調達し、受信者へ送ります。つまりマイナー通貨の国同士や送受信者のどちらかがマイナー通貨の取引が増えれば増えるほど、xRapidの利用が活発になりリップルXRPの価格上昇へ繋がります。



出典:「RippleNet Strengthens Emerging Markets Access into India, Brazil and China」、Ripple
  「三菱UFJ銀行、リップル社技術を利用する「日本-ブラジル間」国際送金システムの開発へ」、COINPOST

ブラジルは高齢化が原因で財政破綻が危惧される国。最近ビットコインの購入が目立つ

https://twitter.com/hatoinvest/status/1134234536387026944

ブラジルは現在高齢化が進み日本と同様に年金支給が問題になっています。ブラジルの財政問題は日本よりも深刻で1年間で国家財政の43%が年金支給でなくなってしまいます。

こうした背景を危惧し、特に最近ブラジルでは資産のリスク分散のためにビットコインを購入する人が増えているようです。

今回のRipple社ブラジル支店の設立により、リップルXRPの知名度向上を個人的には期待しています。ブラジルで企業・銀行だけでなくリップルXRPの個人保有も広まるといいな😄

現在日本は太平洋戦争末期と債務残高が同水準
ハイパーインフレ近い?

Ripple社:金融の国・スイスでも支社設立🚀📈

https://twitter.com/studyXRP/status/1136205302309609474

リップル社がスイスのチューリッヒに新たな支社「Ripple Switzerland GmbH」を設立したことが、スイスの商業登記などをまとめたホームページから明らかになりました。

チューリッヒはスイスの中でも銀行などの金融機関が一番集まっている大都市であり、ブロックチェーン都市ツークもある仮想通貨には寛容な土地柄。「スイス・ゴールド(Suisse Gold)で金をリップルXRPで購入できるサービスがオープン」でもご紹介した通り、スイスは国を挙げて仮想通貨にとても力を入れています。

今回の目的はリップルXRPの送金利用の拡大というよりは、投資や資産の保管業務の促進となります。このように企業保有が増えることでリップルXRPの市場での希少性が増し価格上昇に繋がる一歩だと思います。

「よし、リップル買ってみよう!」と思った方はコチラ👇🍀

3分で登録!簡単リップル($XRP)の買い方

リップルを買うなら?
取引所のシステムの安全面と手数料を徹底比較

もし「おもしろい・役に立った!」と思ったら、SNSでシェアして頂けると嬉しいです😊✨

bitbank QUOINEX bitbank

出典:「リップル社がスイスに新支社設立|機関投資家への仮想通貨XRP販売が目的」、COINPOST

ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)