仮想通貨/暗号資産

人生100年だと年金だけじゃ生活費が2000万円赤字ってマジ😱❓運用失敗で溶けた年金のツケもやっぱり国民😡投資促す金融庁にも激おこ😡

bitbank

投資はマネーゲームなんでしょ?投資嫌いの日本人に今更投資を勧めるなんて惨いよ😩💦

超少子高齢化社会で年金を徴収する母体数がどんどん減っていくなか、日本の年金機構が白旗を上げたようです。年金機構自体は厚生労働省管轄なので、今回の発表は遠まわしに金融庁が年金システムが今後行き詰る可能性を示唆したのだと思います。

私が今言いたいのは年金が資金繰りに困っているからといって投資嫌いで初心者🔰の日本人に何故今になって投資を促すのか、ということです😡

投資初心者が今日本株を買ってはいけない理由は…


世界景気が現在ピーク、もしくはピークアウトに向かっています。投資初心者が最初に「投資」で思い浮かべるのは「株式」です。特に海外は良くわからないから、自分が名前を知っている「日本株」を買おう、と思います。

しかし、これから景気後退が目前なのに、今株式を買うのは鴨がネギ背負って高値で株を買うようなものです🦆

特に人口が減り、経済活動が後退すると予測でき、日本の株を買うのは危険ですので注意しましょう⚠️余程良い銘柄を選べる自信がない限りやめておいたほうが無難です。

また、「相場は腐る一歩手前が一番美味しい」と言われているので、アメリカの利下げ期待などから短期的に世界の株式は上昇するかもしれませんが、ここからは基本的にババ抜きになります。

ちなみに私は投資のプロフェッショナルじゃないし、もちろん億トレーダーとかでもないです。
日夜世界中のお金持ちのお金の動きを観察し、彼らが投資する前の原石に投資して、後はほったらかし投資でお金持ちになりたいだけの人です💰✨

出典:金融庁「年金だけでは足りない」資産運用促す

運用失敗で溶けた年金は13兆円…💸2018年Q3の世界同時株安で📉

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2018年10~12月期の収益額は14兆円規模の損失となったもようだ。市場運用を開始した01年度以来、四半期ベースでは過去最大の損失となる。10月からの世界的な株安が響いた。ただ今回の損失を織り込んでも累積収益額は57兆円規模のプラスで、年金財政上必要な水準は上回っている。

世界同時株安が起きると私たちの年金は溶けます。その理由は後述しますが、年金を運用する年金機構が株式をメインに積立金を運用しているからです。私たちの大事な年金は年金機構の運用手腕にかかっています。

出典:「公的年金運用、損失14兆円規模に 18年10~12月期」、日本経済新聞、2019年1月16日。

年金機構(JPIF)は日本株と一蓮托生。採算割れしたら共倒れ。年金機構が運用する株式保有比率を2014年に変更していた😨


何故今年1月の時点で年金財政上必要な水準を上回っているのに金融庁が投資などの自助を促しているのでしょうか🧐

実は2014年10月31日に日銀の追加緩和発表と同時に年金機構の運用する株式保有率の引き上げが決定しました。比較的安全とされている国債の保有比率を下げ、株式の比率を増加させていました。

つまり年金機構は購入した日本株の価格と一蓮托生であり、世界同時株安が次に起きた場合何が起きるか、を金融庁は考えているのでしょう。

超少子高齢社会だけが自助促しの理由ではないのです。

出典:「衆議院議員・今井雅人氏に聞いてきた(1)FXで5000万円超、どうやって稼いだの!?」、Zai!FX

投資を促すタイミングがそもそも最悪。これから株式が下落する直前に投資を勧めている📉

今まさに世界景気はピーク、又はピークアウト。特に年金を頼りにしており危機感を間近に感じる退職間際の50代前後の方は焦りは禁物です。今焦って株式などに投資するのは高値掴みになり、所謂「養分」になってしまいます。

株式市場は世界の景気と連動していますので、日本株外国株問わず短期売買以外の目的の購入は暫く控えた方がいいでしょう。

では今私たちは何を買うべきなのでしょうか。

これから投資するなら伸びしろがあるものへ📈株なら人口ボーナス国の外国株、仮想通貨なら実需直結のリップルXRPなど

大手投資銀行は顧客にゴールドの購入を勧めてる


すぐに買うものであるなら景気後退が目前ということで、大手投資銀行などはゴールド(金地金)現物の購入を顧客に進めているようです。ゴールドの需要は世界的にも旺盛で、昨年秋から中国ロシアが米国債を売却し、ゴールドを爆買いしています。

また、アメリカの利下げ期待もあり、利下げに動けばドルの価値が下がるのでゴールドの価格は上昇します。

ただ、ゴールド現物は売買手数料が高く、一時的な投資と考えると不向きではないかと思います。しかし価値保存としての目的であれば日本円のインフレ対策にもなり一石二鳥です。投資観点からの価格の伸びしろに関しては、次のリセッションがどのような規模になるのかわからないので未知数です。

リップルネットワーク争奪戦に終止符
VISAがアースポート買収決定でMastercardに勝利

伸びしろに期待:人口ボーナス国の外国株と仮想通貨リップルXRP🌎


伸びしろが魅力的なのは高齢人口が少なく且つ人口がこれから増えていく人口ボーナス国の外国株、そしてデジタルゴールドとして地位を築きつつある仮想通貨です。

人口ボーナス国の外国株に関しては、インドやインドネシア、アフリカといった国々ですが、これから株式市場は短期売り抜けを除きババ抜き状態なので暫く様子見がいいでしょう。

銀行間送金で実需のある仮想通貨リップルXRP


次に仮想通貨ですが、2017年に一大ブームとバブルを起こした当時はビットコインが主役でした。これからは銀行間送金で実需のあるリップルXRPがおススメです。

リップルXRPは米国の企業であるRipple社が掲げている、価値をインターネット上で誰もが気軽に送金できる「価値のインターネット」を実現すべく、同社が流動性の確保をサポートしている通貨です。流動性確保の観点から、200を超える世界の送金企業やクレジットカード会社、中央銀行と協業・提携し、送金ネットワークを構築しています。

更にRipple社がターゲットにしている市場もインドやアフリカも含まれています。

世界貿易機関(WTO)でも国際送金分野でのRipple社への将来性を高く評価しています。また、国際通貨基金(IMF)には元Ripple社CEO、クリス・ラーセン氏、元社員のジェシー・チャング氏が所属しており、Ripple社と太いパイプがあります。

私は保険としてゴールドも保有していますが、資産形成の本命はリップルXRPです。

とりあえず今まで払った年金自分で運用したいからお金返してよー(´;ω;`)

「よし、リップル買ってみよう!」と思った方はコチラ👇📈

3分で登録!簡単リップル($XRP)の買い方

リップルを買うなら?
取引所のシステムの安全面と手数料を徹底比較

もし「おもしろい・役に立った!」と思ったら、SNSでシェアして頂けると嬉しいです😊🍀

bitbank QUOINEX bitbank
ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)
QUOINEX
bitbank