XRPの価格上昇に繋がる情報( xRapidなど)

初の仮想通貨ハリウッド映画「Crypto」が不評、ジョニー・デップ主演「リップルで1千億稼いだ男」映画に期待

bitbank

ハリウッド映画「Crypto」が公開、しかしビットコインに対してネガティブなイメージで不評

ビットコインや仮想通貨を中心とした初のハリウッド映画として注目を集めていた「クリプト(Crypto)」が先週金曜日にニューヨークなど一部の劇場で公開を開始しました。

制作会社は「スーパーヒーロー映画」を多数世に送り出しているマーベル。仮想通貨をテーマとした映画は初の試みで認知度の向上に期待されていましたが、海外大手映画評価サイト「Rotten Tomato」上での点数はあまり良くないようです💧

内容もロシアンマフィアやマネーロンダリングなどのダークな送金ツールとして使用しているため、仮想通貨全体のイメージが悪くなるといった意見も多数。仮想通貨の正しいイメージではないとする意見も。

youtube予告の雰囲気でわかると思いますが、決して明るい内容ではないです💧今回の「クリプト(Crypto)」公開で米国の新しい層にどれだけアプローチができたのか気になるところです。

bitbank QUOINEX

出典:「ハリウッド初のビットコイン映画、米国の一部劇場で公開開始」、COINPOST

「リップルで1千億稼いだ名門財閥御曹司」映画化、ジョニー・デップ主演の噂

仮想通貨・暗号資産の映画と言えば、54歳で急逝した米国メロン財閥のマシュー・メロン氏のハリウッド映画化が企画されていると昨年話題となりました。

コチラの映画はマシュー・メロン氏の伝記がメインで、そこにまだ誰にも見向きもされない超初期に彼が目を付けた銀行や金融機関での使用を最初のターゲットにしたトークン・「リップルXRP」への投資が関わってきます。

本人は公言を控えているものの、ジョニー・デップがマシュー氏を演じることになりそうです😲✨



出典:「リップル億万長者の伝記が映画に!主演はジョニー・デップ?|仮想通貨の初期投資で一大資産を築くも薬物依存により54歳で急逝」、仮想通貨まとめ

メロン財閥御曹司でありリップル長者である「マシュー・メロン」とは

マシュー・メロン氏は米国のモルガン財閥やロックフェラー財閥と並ぶ名門として知られる「メロン財閥」ファミリーの出身。1870年代にメロン商会やメロン銀行を創業したトーマス・メロンの直系の子孫にあたり、かつてニューヨーク共和党の財政委員会会長を務めた経験も持つ。

リップルへの投資で一躍有名になったメロン氏は、月額家賃15万ドルのロサンゼルスの豪邸でパーティー三昧の日々など、一見華やかな生活を送っているかに見えましたが、彼は長年オピオイド系鎮痛剤の依存症の克服に苦しみ54歳の若さで亡くなりました。

この他にもメロン氏は学生時代に父を亡くし、莫大な遺産相続をするなど筆舌に尽くしがたい波乱万丈な人生を歩んでいます。

主演もジョニー・デップですし、この映画が公開された暁には世界規模で一般層にリップルXRPの認知度が急上昇することが期待できますね😄🎶

「よし、リップル買ってみよう!」と思った方はコチラ👇✨

3分で登録!簡単リップル($XRP)の買い方

リップルを買うなら?
取引所のシステムの安全面と手数料を徹底比較

bitbank QUOINEX bitbank

出典:「リップルで1千億円稼いだ「名門財閥」の御曹司、54歳の狂気」、Forbs Japan

ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)
QUOINEX
bitbank