仮想通貨/暗号資産

コインチェックのネムXEM流出、犯人は北朝鮮。国連安全保障理事会で専門家が報告👮‍♂️

bitbank

北朝鮮がサイバー攻撃で得た仮想通貨のほとんどがコインチェックから

https://twitter.com/cross_law_firms/status/1105668772671578112

https://twitter.com/vc_koyori/status/1105624515017498625

国連安全保障理事会の専門家パネルは11日、報告書を公表し、北朝鮮が仮想通貨交換業者にサイバー攻撃をするなどして、外貨を獲得している実態を明らかにした。

北朝鮮に対する制裁の実効性を調査している専門家パネルが公表した報告書では、北朝鮮がサイバー攻撃を行って仮想通貨交換業者から約5億7100万ドル、日本円で630億円あまりを盗み出したと指摘した。

また、盗んだ額のほとんどが、去年、巨額流出が問題となった日本の「コインチェック」からだったとしている。
ーYahoo!ニュース 2019年3月13日ー

昨年1月、サイバー攻撃により仮想通貨取引所コインチェックから前代未聞の巨額資産流出事件が起きましたコインチェックのネムXEM管理体制が杜撰だったことと、多くのユーザーが取引所に置きっぱなしだったことが重なり、ユーザーとマーケットに甚大な被害が及びました。

起こるべくして起きた事件とは言え、この事件のインパクトがなければ仮想通貨マーケットはここまでの暴落にはならなかったのではないかと思います特に「仮想通貨=危険」というイメージが世間に浸透してしまったため、新規参入もほとんど期待できない状況になってしまいました。

また、この事件により仮想通貨の強みの一つでもあった個人でできる国際送金(クロスボーダー送金)が、透明性が確保できない理由で今後規制対象になるのではないかと思われます。当局が管理できないものは残念ながらマネーロンダリングや麻薬の売買などの悪いことにも使われてしまう可能性もあるので(特に匿名通貨)、これも世界の潮流であり個人的には落としどころのかなとも思います。

2019年6月にマネーロンダリングを監視する世界的な金融活動作業部会(FATF)の勧告で規制強化がなされます。これ以降に日本の規制も明確になり、新しいルールで仮想通貨取引や保管方法が整備されます。

ちなみに仮想通貨マーケットのトレンド転換も6月が目安のようです🚀🌕規制がはっきりして世界中の大口機関投資家が安心して参入できるようになるからです📈✨

最後はハッピーニュースで締めくくりたいと思います😄🌸

「リップル買ってみようかな👀」と思った方はコチラ👇✨

3分で登録!簡単リップル($XRP)の買い方

リップルを買うなら?
取引所のシステムの安全面と手数料を徹底比較

bitbank QUOINEX bitbank
ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)
QUOINEX
bitbank