XRPの価格上昇に繋がる情報( xRapidなど)

【リップル】スイス証券取引所SIXがRipple社パートナーR3社のCorda採用を決定

bitbank

SIXグループ、デジタル資産の取引・決済・保管サービスの基礎となるブロックチェーンとして「Corda Enterprise」導入

スイスの証券取引会社SIX Groupは、R3のCorda Enterpriseプラットフォームをデジタル資産の取引、決済、および保管サービスの基礎となるブロックチェーンとして選択しました。SIX Digital Exchange(SDX)の最高デジタル責任者であるSven Rothは、Cordaのアプリケーションの採用は保険などの資本市場を超え、多方面に活用できることも採用の理由であると述べました。

同社の目標は「規制の行き届いた仮想通貨取引所の創設を開始地点とし、最終的に株式を始めとして、その他の金融商品や美術品のような物理的資産のトークン化を進めること」です。

また、Roth氏の発言によれば、同プラットフォームは2019年の下半期に立ち上げ予定だとし、株式や債券、公債など、既存の銀行サービスで扱われるアセットからサービスを提供開始します。

決済にリップルXRPが使用されるかは発表されていないのでわかりませんが、大手証券取引所でのCorda採用は嬉しいニュースですね😄✨

bitbank QUOINEX

引用元:「Swiss Stock Exchange SIX Will Tokenize Equity on R3’s Corda Blockchain」、coindesk
   「スイス大手証券取引所、R3社の「Cordaブロックチェーン」利用へ」、COINPOST
   「R3’s Rutter: SIX project “the most ambitious we’ve seen”」、DIGFIN

スイス証券取引所(SIX Exchange)について


スイスの首都チューリッヒに本社を置く大手証券取引会社で、正式名”SIX Swiss Exchange”。マーケットキャップは約1.6兆スイスフラン(180兆円)で、欧州では4番目の規模になります。
(日本の東京証券取引所に該当)

【現物裏付け有】スイス証券取引所(SIX)で
リップルXRP単独投資商品「AXRP」が2か月後に上場

R3社のCordaとは

Cordaを簡単に一言でいうと「複雑な金融機関の決済を透明性を保持しつつ短時間で処理をすることができるアプリケーション」です。保険や不動産、債券・デリバティブ取引など様々な金融決済サービスに対応できる金融機関向けに開発されたエコシステムです。

このシステムの特徴的なのは、イーサリアム(ETH)と同じようにスマートコントラクトの機能を持っているDLT(分散型台帳技術)プラットフォームで、決済処理にリップルXRPを活用できる点です。(リップルXRPを使わず法定通貨でも決済可能)

引用元:「SBI決算資料 19年Q3」

インド、中国、フィリピン、メキシコ、中東…
巨額の移民本国送金網を押さえつつある
リップルネットワーク

Cordaの採用実績とR3コンソーシアム

昨年、HSBCとINGの貿易金融でR3のCorda技術が活用され、従来ならすべての事務処理が終わるまで最大1か月かかるものが、この取引は24時間で完了したとプレスリリースがありました。

ING(Internationale Nederlanden Groep)はオランダ発祥の総合金融機関グループで本社はアムステルダム。R3社とは5年間のライセンス契約を締結しています。

また、世界最大の国際送金システム企業SWIFTも2019年1月末に自社開発の新たな決済システムGPI(グローバル・ペイメント・イノベーション)に、米ブロックチェーンフィンテック企業R3の「Corda Settler」を統合することを明らかにしました。

R3が主催するR3コンソーシアムはブロックチェーン技術によって金融機関のコスト削減を目指しており、世界各国の300社以上の企業、規制当局、業界団体等が参加しています。

3分でわかる仮想通貨リップルXRPのハンパない可能性まとめ

引用元:「国際送金システムSWIFTがR3の「Corda Settler」を統合|仮想通貨の利用やRipple社との提携についての言及も」、COINPOST
   「Trade-finance blockchains jostle for prime time」、DIGFIN

SBIホールディングスもマネータップ上でR3社のCorda採用を構想中

2月18日にSBIホールディングス北尾社長のインタビューがCOINPOSTに掲載されました。その中で北尾社長はマネータップではR3社のCordaを活用し、複雑で時間を要する貿易金融の決済時間短縮の構想を持っていると発言しています。

ちなみにSBIホールディングスはR3の出資会社であり、外部最大株主でもあります。世界にある約300の金融機関や、セントラルバンクが入っている米国R3のコンソーシアムにも参加しており、昨年Ripple社とR3社が訴訟で争っていた際も、SBIは和解するように説得し、協力し合うような態勢の構築に尽力しました。

「よし、リップル買ってみよう!」と思った方はコチラ👇✨

3分で登録!簡単リップル($XRP)の買い方

リップルを買うなら?
取引所のシステムの安全面と手数料を徹底比較

bitbank QUOINEX bitbank

引用元:「SBI北尾社長インタビュー『仮想通貨(ビットコイン)市場の将来性とリップルの展望』」、COINPOST

英ホテル予約会社Trippkiが仮想通貨払いにXRP採用✈
160万ものホテルで利用可能に🌴

ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)
QUOINEX
bitbank