リップル Ripple/$XRP

【現物裏付け有】スイス証券取引所(SIX)でリップルXRP単独の投資商品であるETP「AXRP」を2か月後に上場

bitbank

世界初のリップルXRP単独のETP、提供会社は「HODL5」と同じくAmun社

スイスのスタートアップ企業、Amun AG社のCEO Hany Rashwan氏が、世界初のリップルXRP単独のETP(上場投資商品)「AXRP」をリリース予定であると発表しました。

また、XRPに加えて、同社はさらに4つの暗号資産(ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラ=ルーメン(XLM)、イオス(EOS)の単一のETPの許可を得ています。これらの正確な発売時期は未定ですが、2019年内に全商品をリリースするとRashwan氏は語っています。

スイスや自国の証券法に従ってスイス市場にアクセスできる海外の個人から機関投資家まで参入でき、仮想通貨マーケットへの新たな資金流入が期待されています。

引用元:「Swiss Exchange to List XRP Exchange-Traded Investment Product」、coindesk
「スイス証券取引所SIXでリップル(XRP)のETP(上場投資商品)を発売予定」、COINTOKYO

bitbank QUOINEX

スイス証券取引所(SIX Exchange)について


スイスの首都チューリッヒに本社を置く大手証券取引会社で、正式名”SIX Swiss Exchange”。マーケットキャップは約1.6兆スイスフラン(180兆円)で、欧州では4番目の規模になります。
(日本の東京証券取引所に該当)

「よし、リップル買ってみよう!」と思った方はコチラ

3分で登録!簡単リップル($XRP)の買い方

リップルを買うなら?
取引所のシステムの安全面と手数料を徹底比較

引用元:「ETP?ETF? 仮想通貨ETPであるHODL5に関して」、MasterNoders



仮想通貨ETP「HODL5」は現物担保ないと思っていました…。

実はごめんなさい(。-人-。)ここだけの話、仮想通貨ETP「HODL5」は現物担保の望みが薄いと思っていました…。謝ります。このあと詳しく書きます。

米フォーブスForbs誌
「RippleとXRPについての14の一般的な誤解」を掲載

2018年にSIXで上場された商品、仮想通貨ETP「HODL5」は現物担保有りだった

仮想通貨ETP「HODL5」…
ビットコイン(Bitcoin, BTC)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash, BCH)、イーサリアム(Ethereum, ETH)、ライトコイン(Litecoin, LTC)、リップル(Ripple, XRP)を含めた商品

商品内の各通貨の割合は、BTC:49%、XRP:25%、ETH:18%、BCH:5%、LTC:3% 。BTCを中心にメジャーな通貨が含まれている

昨年11月に上場した仮想通貨ETP「HODL5」はスイス証券取引所の上場規則によると現物担保が必須条件ではないので、実際に現物担保があるのか不明でした。

しかし今回のプレスリリースで、Amun社のETPの各ユニットは継続的にチェックされ同量の仮想通貨現物で担保および裏付けがなされていることが判明。更に同社では米国の証券取引委員会に登録されている伝統的資産と暗号化資産の両方のカストディアンであるキングダムトラストで担保された現物を保管していることもわかりました。


仮想通貨ETP「HODL5」、ちなみに板は…薄いそうです😂

「よし、リップル買ってみよう!」と思った方はコチラ

3分で登録!簡単リップル($XRP)の買い方

リップルを買うなら?
取引所のシステムの安全面と手数料を徹底比較

bitbank QUOINEX bitbank

現在日本は太平洋戦争末期と債務残高が同水準
ハイパーインフレ近いのか?

ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)
QUOINEX
bitbank