仮想通貨/暗号資産

【注意】テザーUSDTと間違えないで!トゥルーUSD(TrueUSD)がドルの裏付けがリアルタイムで確認可能に。

bitbank

トゥルーUSD(TrueUSD)はUSドル裏付け有りのクリーンなステーブルコイン

TrueUSD ステーブルコインはドルの裏付けの「リアルタイム」モニタリング機能を追加します。サンフランシスコを本拠地とするTrustTokenはステーブルコインであるTrueUSD(TUSD)を使用しているトレーダーが、「リアルタイム」でトークンを裏付ける米ドルが存在するのかを知ることが可能になる新しいパートナーシップを発表しました。

TrustTokenでは流通しているTUSD、およびそれらに関連する担保付ファットファンドの最新の第三者ビューを提供するダッシュボードを開発した会計事務所Armaninoと提携しました。

ArmaninoはTrustTokenの米ドル担保を保有するエスクロー銀行口座と連絡を取り、TUSD供給を監視するためにethereumノードを活用するそうです。この新しいサービスによって、情報の「透明性」の時間枠は「数ヶ月から数分に短縮される」とTrustTokenは説明しています。

『仮想通貨税制を変える会』
藤巻議員、リップル社「XRP」の技術と成長可能性を高く評価

出典:TrueUSD Stablecoin to Add ‘Real Time’ Monitoring of Dollar Backing coindesk

bitbank QUOINEX

テザーUSDT疑惑は相変わらず晴れず。未だ黒に近いグレー

今回TrueUSD ステーブルコインと混同されたテザーUSDTについては未だに疑惑が晴れません。同社は完全に独立した監査を行っておらず、昨年11月にテザーの裏付け資金が存在する公文書が公開されましたが、その時だけ銀行口座に預けられていた可能性もあります。もしかしたらリアルタイムで裏付けられたUSDが存在しないかもしれません。

疑惑が爆発した場合、「朝起きたら保有していたテザーが暴落していた」なんてことも無きにしも非ずです。テザーには触らないのが吉でしょう。

また、2019年6月に行われるマネーロンダリングを監視する金融活動作業部会(FATF)の勧告で規制強化がなされます。そうなると日本居住者は国外の取引所が使用できなくなる可能性があります。なので、TrueUSDもテザーUSDTもお世話になるのは遅くても5月までが良さそうですね。

意外と簡単な分散投資で資産防衛する方法
~外貨・ゴールド・仮想通貨 リップル($XRP)など~



bitbank
ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)
QUOINEX
bitbank