XRPの価格上昇に繋がる情報( xRapidなど)

【リップル】MercuryFX(マーキュリーFX)、xRapidを活用した日本への送金テストを計画中

bitbank

創業者兼CEO アラステア・コンスタンス氏「日本へのクロスボーダー送金を数か月以内に実現したい」

英国の国際送金サービス会社MercuryFX(マーキュリーFX)の創業者兼CEOであるアラステア・コンスタンス氏が、コインテレグラフ日本版のインタビューに答え、数カ月以内にリップル社の決済サービスxRapidを使って日本向けにクロスボーダー(国をまたいだ)送金の実験をしたいと話した。
ーCointelegraph 2019年2月26日ー

Ripple社のカスタマー・サクセス部門トップのマーカス・トリーチャー氏との対談の中で、MercuryFX CEOであるアラステア・コンスタンス氏が、今年のラグビーW杯までに日本進出を計画していることを21日に明かした。

ラグビーW杯は、日本で2019年9月20日から11月2日に開催。同氏は「我々は日本市場が(国際送金の)トライアルをするのに完璧な場所と考えている。Ripple社と積極的に連携し(日本向けの送金を)今後数カ月で実現しようと考えている」と発言。現在他の経路のテストを行っているが「日本向けのテストをすぐに始めたい」と考えているそうです👀🌟

年間60億ドルを国際送金し、リップルネットワークに興味津々の米ユニコーン企業【Remitly】も日本とのクロスボーダー決済準備をしています😊🌸

どんどん手数料の安い国際送金会社が日本に進出してきます。日本の銀行の割高手数料が値下げされるのも時間の問題ですね😆🎶

【Remitly】年間60億ドルを国際送金する
米ユニコーン企業がリップルの技術統合可能と発言

引用元:「【単独】「xRapidで日本に送金 数カ月以内に実現したい」仮想通貨XRP(リップル)採用のMercuryFX社長が明かす」、Cointelegraph Japan
    「仮想通貨XRP(リップル)で国際送金成功のMercuryFX 「ラグビーW杯までに日本進出」を計画」、Cointelegraph Japan

bitbank QUOINEX

日本円とAUDオーストラリアドルで送金実験完了か

MercuryFX公式から日本からオーストラリアドルの送金で約14万円の節約をしたと発表があった。詳しいトータル送金額はわからないが、後々プレスリリースが出ると思われます😊

MercuryFX(マーキュリーFX)について

ロンドン、香港、南アフリカ共和国首都ケープタウンに拠点を持つ世界トップクラスの国際外国為替プロバイダー。xRapidをヨーロッパとメキシコの経路で利用し、更にメキシコーフィリピン間でも稼働しています。

2019年2月にロンドンで開催された「Ripple Regionals 2019​」でMercury FXとEuro Exim BankがxRapidを使用した成功例とメリットについて発表。イベントでは新たにカナダ・中東・フィリピンの10カ国への決済送金ルート拡大予定としました😄

「よし、リップル買ってみよう!」と思った方はコチラ👇✨

3分で登録!簡単リップル($XRP)の買い方

リップルを買うなら?
取引所のシステムの安全面と手数料を徹底比較



bitbank
ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)
QUOINEX
bitbank