ゴールド(金地金)

中国・ロシアが米国債を大量に売りゴールドを購入。自国法定通貨の担保を金地金にシフトか

bitbank

米金利上昇の背景には中露の米国債大量売却、そのお金でゴールドを購入

こんにちは、makiです。
サインバルタとオトモダチしながらなんとかやってます😂

以前「米国債10年金利が3.18%と急上昇。日本国債も連れ高0.16%まで上昇、日銀買いもなく日本円の命運は」で米国債が上昇し、株式市場や日本円のインフレにどのように影響を及ぼすかを書きました。では、何故昨年急激に米金利が上昇したのかを改めて確認していこうと思います。

「ロシア、米国債を大量売却 制裁強化を懸念か
【モスクワ=小川知世】ロシアが米国債を大量に売却している。2カ月続けて保有額を大幅に減らし、5月末時点で149億ドル(約1兆6800億円)と3月から約8割減った。米国による対ロ制裁の強化を懸念し、防衛に動いたとみられる。米ロ首脳が16日の会談で融和を演出した一方で、関係改善の難しさが浮き彫りになっている。
ー日本経済新聞 2018年7月19日 ー

なんと、トランプ大統領と仲たがいしてしまったロシアが米国債を大量に売却し、米金利上昇を招いていました。更に国債を売ったお金でゴールドを買っています。金を自国法定通貨ロシアルーブルの担保にしようとしているようです😲

ゴールドの価格が上昇相場入り! 買うなら「今」

bitbank BITPOINT

中国さんも米国債売却→静かにゴールド保有率高めてます・・・

中国が2018年12月末に外貨準備で保有する金を2年2カ月ぶりに増やしたそうです。米国債の保有を昨夏から減らす一方、東南アジアでは人民元の利用を促す試みを始めました。

米国債売却だけでなく、中国は中国元建石油先物を開始し北海ブレントとWIT原油先物にも挑戦しています。これもペトロダラーと呼ばれる「基軸通貨米ドル建決済への挑戦」であり、石油という側面からも米ドル依存からの脱出に踏み出しています。

ちょび得

脱ドルの加速 「ロシアはドルより金を保有するほうが得策だと見ている」

元共産圏といいますか、アメリカと敵対する二大勢力の中露が2018年から脱ドルへと舵を切りました。アメリカの経済は比較的健全です。しかし経済制裁への報復と世界金融の不透明感への保険も兼ねて中露はゴールドを購入したのではないかと思われます。FRBによる利上げ観測の後退などもあり、年末にかけて米金利は元の鞘に収まっているようです。
米ドルも日本円に比べればかなりの安全資産ですが、これからは資産の1割でも2割でもいいので、個人も保険としてゴールドを保有していたほうがいいのではないでしょうか。

いつ買うの?知っておくと便利
ゴールドの季節性とオンラインショップ比較

引用元:
「ロシア、米国債を大量売却 制裁強化を懸念か」、日本経済新聞
「中国が金保有量を拡大 探るドル離れ、為替介入響く 」、日本経済新聞

BITPOINT
ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)
QUOINEX
bitbank