リップル Ripple/$XRP

3分で登録簡単!日本で一番安くリップルXRPが買える🙌💗ービットバンク(bitbank)口座開設やり方編ー

bitbank

どこで買ってどこで保管するか🤔一番コストパフォーマンスの良いリップルの購入方法💡


リップルXRPを購入する場合、まずは日本円と交換するために取引所に入金用の口座を開設します。

取引所の選び方は一時でも大切なお金を預けるのでシステム上の安全面を考慮し、更にお値打ちでリップルを購入するのが将来の一番お財布にも嬉しいですよね👛✨

気になるリップルXRPの将来価格は👀❓

ザックリ計算ですが
リップルXRPが世界中の銀行間送金を担うSWIFTの送金シェアを約16%を奪うと想定した場合の将来価格は1XRP=1,000円
送金業などのさまざまな企業が保有すると仮定した場合、将来価格は1XRP=3万円越え😳❗️❗️

⬆️実際にアメリカ5大送金業者のマネーグラムでリップルを利用した送金が今後開始されます📈
 企業での保有は既に準備され始めています✌🔥🔥

リップルの将来価格はものすごい価格😳❗️❗️
1XRPでも多く手元に置いていたほうが将来の利益が増えますよね😆✨

私がおススメするのは、日本で一番リップルが安く買える「ビットバンク(bitbank)」です👏✨

保管方法についてはまた後ほどご説明します📝👀

リップルが買える取引所を徹底比較!

※SWIFTの一日の送金額620兆円を1000億リップルですべて賄うと計算した場合、将来価格は1XRP=1,000円
 企業保有は保有需要がありそうな企業に絞ったうえで算出した方がいました。実際にはそれ以上の拡がりがある可能性もあり、どれくらいの企業数が保有するかわかりません

リップルを買うなら「ビットバンク(bitbank)」システム安全面とリップルの安さが魅力的✨

➡️私ののオススメはbitbankです😊🎶

bitbankは広告をあまり出していないので知名度こそありませんが、ハッカー対策等システムに力をいれているため盗難に関しては安心できる取引所といえるでしょう🔑

実際ハッカーからの攻撃により資金流出を一度もしていません。

ビットバンクの登録方法

では実際にbitbankで口座開設をしてみましょう。

【☝コチラのアイコンクリックでビットバンク公式ページへ☝】

①無料口座開とメールアドレスを登録する

最初は「無料口座開設」から始めます。白く「無料口座開設」と書いてあるところをクリック。次にメールアドレスを入力しましょう。

入力できたら緑色の「登録」ボタンをクリック

これで仮登録手続きが済みましたので、入力したメールアドレス宛てに来ている「本登録手続き」リンクから手続きをしましょう。

②本手続きの開始


リンクをクリックするとこのような画面に飛ぶので、先ほどの登録アドレスを入力し、「登録」ボタンをクリック。

登録アドレスにパスワード設定メールが届くので、リンクからパスワード設定画面に飛びます。

自分で考えたパスワードを入力し、利用規約・取引ルール・リスク事項を一読し、問題なければ「登録」ボタンをクリック。

今度は氏名や住所などの基本情報を入力します。
取引目的や職業を選びます。「外国の重要な公人」は申告するルールがありますが、該当しない場合は「該当しませんにチェック」です。

最後は今までの入力項目に間違いがないかの確認画面が出て登録終了です。

③本人確認書類のアップロード

続いて「本人確認書類のアップロードに進む」ボタンを押します。

書類は郵送などではなくお手持ちのスマートフォンで撮影し、その写真をその場でアップロードする形になります。

本人確認対応書類

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・在留カード


「本人確認書類ー表」をクリックし、選択した書類をカメラで撮影。同様に「本人確認書類ー裏」も撮影し、アップロードボタンをクリック。

お疲れ様でした。これで今日の入力作業はおしまいです。数日後に本人確認書類が承認される旨のメールが届き、住所確認ハガキが発送されるので手元に届くまで来るまで待ちましょう。

登録完了から住所確認ハガキが届くまでは約一週間です。連休なども考慮すると一週間前後と見ておいたほうが良いでしょう。

本人確認書類が承認され、ハガキが届いたら入金が可能に


ハガキの内側に「暗証番号」がかかれています。ビットバンクにログインし、「登録情報」⇒「本人確認書類」⇒「暗証番号で有効化」ボタンをクリック。そこにハガキに書かれている暗証番号を入力すれば入出金、仮想通貨の取引が可能になります。

特に暗証番号の入力をしなくてもハガキの受け取り確認ができていれば自動で入金ができるようになるようです。
受け取ってすぐに入金したい場合に暗証番号が必要になってくるようです。
ビットバンクで日本円を入金するやり方

2019年5月17日追記:リミックスポイントの収益悪化、ビットバンクでリップルを買って保管は堅牢な取引所がベスト🔑

bitbankは現物取引高シェア1位も、収益に課題

bitbank社は2018年12月時点では国内の現物取引高の48%を占め、国内取引量シェア首位を印象付けたが、レバレッジ取引等における収益差が出たようだ。なお、bitbankの受入手数料だけで見れば約7億円の収益であったが、仮想通貨売買等損益で20億の損失となっている事からカバーリングまたはトレーディング等で大きく響いたことが推測できる。

私がお勧めしているビットバンク親会社・リミックスポイントの収益が悪化しています。取引所に通貨を置きざりにしておられる場合、心配な人は他のセキュリティが堅牢な取引所に移動させておきましょう。

【日本でセキュリティ堅牢な取引所】
・SBI VC
・コインチェック
・Decurret

尚、現状日本では仮想通貨取り扱いライセンス取得が極端に難しいため、ビットバンクが破産してしまう可能性は低く、万が一の場合でもコインチェックやZaifのようにどこかに会社を売って事業存続などの形になると思われます。

私個人の意見としては、ビットバンクは日本の取引所の中で一番安くリップルを購入することができる良心的な取引所なので、ビットバンクと同時並行でセキュリティがより堅牢な取引所の口座開設をし、ビットバンクで購入したリップルXRPをより堅牢な取引所に送金して保管が一番コストパフォーマンスが良くセキュリティも万全な方法です。

出典:「【速報】主要国内仮想通貨取引所決算出揃う、本日リミックスポイント決算発表|最新取引所決算データ比較一覧(2019年5月ver)」、Cointelegraph Japan

【追記おわり】

ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)
QUOINEX
bitbank