XRPの価格上昇に繋がる情報( xRapidなど)

世界規模の銀行・大企業が続々。リップル社提携企業一覧【三菱UFJ、みずほ、SBI、アメリカンエキスプレス等、約50ヵ国の中央銀行とも協業】

bitbank

日本人なら誰もが知っている銀行がRipple社の提携企業

こんにちは。先週からリップル(XRP)価格高騰により国際的な注目度が止まりませんね。今日は改めてRipple社の取引先である提携企業を確認してみたいと思います。

一目でわかるように日本でも有名な銀行を黄色のマルで囲んでみました。




出典:Ripple社

※現在Ripple社のパートナー企業は200社を超えています。(2019/06/07加筆)

どれも世界では有名な企業ですが、とりわけ日本でも知名度の高い三菱UFJフィナンシャルグループ、アメリカンエキスプレス、SBIホールディングス、トランスファーゴ、みずほ銀行を黄色いマルで囲ませてもらいました。

特にSBIホールディングスは日本及びアジア地域での事業展開を行う合弁会社としてSBI Ripple Asia株式会社を設立したパートナー銀行でもあります。



リップル社に出資している企業

次はリップル社に出資している有名企業を見てみましょう。

Google Ventures


Googleを運営するAlphabet社から独立したコーポレートベンチャーキャピタルです。2009年に設立され、シード、ベンチャー期のテクノロジー企業に積極的に投資をしています。
現在はGVというのが正式名称。Ripple社に2013年の初期の段階から出資を行っていました。

CME Ventures


アメリカを拠点とした世界最大の先物・デリバティブ取引所を管理している取引所運営会社。国際通貨先物市場に上場されている投機筋の建て玉の残高がわかるIMMポジションなどが有名。IMMポジションは外国為替トレーダーなら「あいうえお」くらいの常識です。

accenture(アクセンチュア)


日本でも展開している世界最大の経営コンサルティング企業。様々な分野・産業に戦略や業務、ITなどのコンサルティングを提供している。また、IBMに次ぐシステムの設計・開発・運用を手掛けるIT企業でもある。日本でも外資系コンサル狙いの就活生でよく聞く名前です。

Standard Chartered(スタンダードチャーダード銀行)

世界70カ国に事業ネットワークを展開する世界大5位のロンドンが拠点の金融グループ。Ripple社の提携企業であり、出資企業。香港ドル発行権を持つ特殊な銀行の一つ

まとめ

Ripple社と提携している企業と出資している企業を簡単にまとめてみました。ここに挙げたのは有名企業のほんの一例であり、沢山の企業がRipple社と提携・出資しています。多すぎてまとめられないので省略していますが、例えば横浜銀行、千葉銀行を筆頭に日本のほとんどの地銀はRipple社と提携をしています。世界中の銀行とも続々と提携を進めています。Ripple社の将来とリップルネットワークの広がりが時間とともに大きくなるのが本当に楽しみです。

リップルが気になった方はコチラ👇✨

3分で登録!簡単リップル($XRP)の買い方

リップルを買うなら?
取引所のシステムの安全面と手数料を徹底比較

もし「おもしろい・役に立った!」と思ったら、SNSでシェアして頂けると嬉しいです😊🍀

bitbank QUOINEX bitbank
ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)
QUOINEX
bitbank