ハイパーインフレ

地震への備えはハイパーインフレ時でも一人二役!我が家の備蓄をもう一度見直そう。

bitbank

ハイパーインフレも災害。最悪年単位のサバイバル生活を覚悟しなければならないかも。


地震に洪水と平成最後の2018年は厄年ですね。「場所がないから・邪魔になるから」と後回しにしがちな災害備蓄。近頃はミニマリストが流行っており、都会的な「必要なものは必要になった時に買えばいい」という考え方まであります。こんな暮らしができたらなんて便利で素敵なんだろう!本当に飲料水の備蓄でさえ肩身が狭い思いがしますが備蓄は命綱です。決して軽視すべきものではありません

災害への備蓄はハイパーインフレの対策とほぼ被っています。ハイパーインフレも言ってみれば災害(人災)です。物価が高騰し何も買えないのと、物が足りなくて何も買えないのは物不足という点でほぼ同じです。違うのはハイパーインフレの場合買えない期間が年単位で継続すること。

震災などの場合は家さえ壊れなければ、1か月もかからないうちに食料・飲料水などは手に入ります。しかし、ハイパーインフレは1か月では治まりません。年単位のスパンで考えたときにサバイバル生活で役に立つ・必要だと思われる備蓄品をリストアップしてみました。

基礎準備

・飲料水
・汲み置きの水
・雨水等をためるバケツ
・保存食
・懐中電灯
・乾電池
・ポータブルトイレ
・七輪やカセットコンロの備蓄
・防寒用品

これに加えハイパーインフレでは家に年単位の食料や水を確保するのは正直現実的ではので、外貨等も準備しておくと良いでしょう。

ハイパーインフレと南海トラフ巨大地震
首都直下型地震の意外な関係



電気・ガス

生活インフラもどうなるかわかりません。財政破綻した国では電気代が国が負担するところもありますが、日本も混乱期には一時的にでもストップするかもしれません。そうなった場合を考えると電気ガスに代わるものも準備しておくとよいでしょう。

分散投資で資産価値を保存する防衛方法

備蓄・買いだめに便利!Amazonで販売している商品がAmazon価格より3%〜5%安く買えるショッピングサービス「ちょび得」

ちょび得
いまなら新規ユーザー登録するだけですぐに使えるポイント500円分をもれなくプレゼント中です飲料水のまとめ買いなどにも使えます。Amazonで備蓄品を一気にそろえるなら上記アイコンクリック☝便利なスマホアプリもあります!

インフレ対策で自給自足のできる地域に移住

七輪が意外と便利

一軒家などの場合、庭で使える七輪はあると便利です。木の枝を拾いマッチ一本で寒い季節は暖もとれます。小麦粉があればちょっとしたパンのようなものも簡単に焼けます。マンション住まいでは難しいかもしれませんが、一軒家の人はいざという時あって損はないと思います。先ほどご紹介したちょび得からも購入できますよ😄

低コストで防寒用品をそろえる方法

冬場の防寒は地域にもよりますが命にかかわります。電気・ガス・灯油が全滅していたら一大事です。安く済ますにはスキー用品や中古のモンクレール等の防寒力の高いダウンコートなどをメルカリなどで購入すると安く済みますし後々生きるかなと思います。私はメルカリでタトラスのダウンを買いました。羽毛布団以上の暖かさで冬は重宝しています✨


【上記画像クリックでメルカリをダウンロード
☝】

余裕のある人はレンタル倉庫の活用!

家でミニマリストがしたい!でも災害は不安!という方は、ここ数年で全国各地に広がったレンタル倉庫の活用をおすすめします。家には最低限の備蓄をし、都会的な生活。一方レンタル倉庫には目一杯備蓄ができます。

他にもあると便利なグッズがあれば教えていただけると嬉しいです^^!



bitbank
ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)
QUOINEX
bitbank