XRP/国際機関からの評価

リップルどこで買う🤔?日本の暗号資産取引所のシステムの安全面と特徴を徹底比較📊

Contents

リップルXRPを購入するには、まずは日本の取引所の口座開設からはじめる🏦


リップルXRPを買うためには、最初に日本円と交換するために取引所に入金用の口座を開設します💰

取引所の選び方はシステム上の安全面を考慮し、その時々で有利な条件を出しているところで通貨を購入するのがベストだと思います😊🍀

また、開設する取引所は一つだけではなく少なくても二つ以上は持っていたほうが有利に取引を進めることもできますし、安全面からもお勧めします⚠️

その理由は次の項目で詳しく解説します📝🔽

私が複数取引所開設を勧めるふたつの理由💡

ハッキングなど取引所トラブルから避難するための取引所✍


あってほしくないことですが、仮想通貨をやっていると明日は我が身のハッキング事件💀

自分が利用していた取引所がハッキングなどのトラブルに巻き込まれた場合を考えて、他の取引所も予備として準備しておいたほうが良いでしょう💰↔️💰

私はコインチェックハッキングが起きたときに、送金停止前に気づきましたが、他の取引所を開設していなかったため資産をどこにも移動させることができず、酷い目に遭いました💀

日本円の出金はできない、ネムXEMじゃなかったので他の取引所へならまだ送れる、だけど取引所を持っていない…😭😭😭😭😭

約一か月生きた心地がしなかった…😱😱😱😱

売りたいのに売れない…😭コインチェックの事例からみる高騰時の売買制限対策(リップル・モナコインなど)✍

流動性がひっ迫(行き詰まって余裕のなくなる状態)すると取引所により売買に制限がかかることがあります⚠️

例えば、コインチェックでは2017年5月にリップルXRPの買い注文が多すぎて、コインチェックが注文分を確保できていない理由から一時買い注文に制限がかかりました🔑

また、価格が高騰した場合は逆のこと、つまり「売りたいのに売れない」現象が起きる可能性があります⚠️

先き出しでbitbankでは「ひっ迫時の売り注文制限のルール」をアナウンスしてくれています。

bitbankのように先に説明があればいいのですが、突然予告なく売り注文に制限がかけられる取引所も出てくると思います💦

仮にですが「価格が高騰したので、投資した原資分は利確して日本円で抜いておこう」と自分が思っていたとします💴
しかし、実際に高騰したときに売却制限がかかって取引所一カ所だけでは予定分が売り切れない😱

もし他に取引所を持っていれば、制限は同様にかかっているかもしれませんが一定量は売却することができます💡

そこでも売り切れなかった場合は他の取引所…というように出口は多ければ多いほど私たちは有利にトレードすることができます😊🎶

このようなことが起こる可能性もあるため、私は複数の取引所を保有することをお勧めしています🏦🏦🏦

出典:「bitbankが注文殺到時の新ルール発表|SWELLを控える仮想通貨XRP(リップル)への対応か」、COINPOST

買えるのに売れない❗️❓コインチェックCCのMONAコイン事件簿😱


2019年6月、コインチェックはMONAコインを上場しました。価格は200円から一時700円台にまで高騰したものの、売却ができない仕様になっていたため一切売却できず。

売却が可能になったのは再び200円台に価格が戻ってからで、他に取引所を開設しておらず、途中参戦した人たちは含み損を抱えることになりました📉😱

もし他にビットバンク等にも口座を持っていれば、コインチェックから急いでビットバンクにモナコインを送って高値で売り抜けることができました👏💦

このような取引所のトラブルに巻き込まれないために、複数口座開設しておけばリスクも減ります😉✨

リップルを買うならビットバンク🔝システム安全面と購入価格の安さが魅力👏✨

🔼今現在のおすすめはbitbankです🔼

bitbankは他の取引所と比べ、広告をあまり出していないので知らない人もいるようですが、ハッカー対策等システムに力をいれているため安心できる取引所です⭕️

実際ハッカーからの攻撃により資金流出を一度もしていません🔑

【bitbankの顧客仮想通貨保管管理について】
当社で管理するホットウォレットは分別管理の対象外となる仮想通貨によって運用されており、お客さまの分別管理対象資産は含まれておりません。お客さまに安心してご利用いただくため、お客さまの仮想通貨は当社が管理するコールドウォレットで保管しております。

bitbank ウォレットの運用体制よりー

また、リップルXRPの価格が日本の他の取引所と比べ、一番安く買えることが多いです🙌✨
ボラティリティが激しいときはLiquidやGMOなどのほうが安いこともありますが、価格が落ち着いている平素時は平均的にほぼbitbankが最安値です👛

取引手数料に関しては、成買い・成売り(即時取引)が取引量の0.12%、板注文の場合だと-0.02%でなんと手数料分が逆に貰えます🙌✨

▶️ビットバンクでリップルを買う◀️

出典:「売買手数料の改定に関するお知らせ」、bitbank

リップルが破格で買えるかもしれないユニコーン企業Liquid🦄

🔼Liquidは国内2社目のユニコーン企業です🦄🔼

コインベース、米リップル、ビットメイン、カカオなどに出資している世界有数のベンチャーキャピタルIDG Capital(IDG)がLiquidに出資しています。

この取引所の特徴は流動性がほかの取引所よりもかなり小さいため、板が薄く急落・急騰時の購入/売却が苦労します。

そのため急落などの値動きの激しいときはbitbankよりも安いことが多いです。

9月中旬に初心者さんと思しき方が30円くらいの時に大量のXRPを成行き売りをしてしまい、0.5円で売ってしまった事件がありました。

0.5円で買えた方はラッキーですが知らずに売ってしまった側は大損してしまいます💸

過去にこのようなことが何度も起きていることから、逆に破格で購入できたとの報告もちらほら…👀✨

取引手数料についてはリップルXRP現物は無料です💰

まとめると、Liquidでの購入はボラティリティが高いときがお勧めですが、初心者はbitbankのような取引が活発な取引所で慣れてからが良いと思います🔰

また、Liquidは資本金がBitbank(11.3億円)よりも多く20億円です。帳簿関連が心配な方はこちらで。

注意点はシステム面が脆弱なので間違えてもLiquidではFXはされませんよう…🙏

出典:手数料について、Liquid

北尾社長『世界一安全な取引所をつくる』🌐安全性ならSBI VC トレードが最も堅牢🔑

「コインチェックは本当に初歩的な問題。まったくナンセンス。最も腹が立つのは、システムにお金をかけるべきところを、CMにばかりお金をかけていたこと。こういう輩はカス中のカスだ」

北尾社長の「コインチェックはカス」発言からもわかる通り、システム安全面第一を掲げるSBIホールディングス『SBI VC トレード』が2018年6月に稼働開始しました🔥🔥🔥

SBI VC トレード独自のコールドウォレット「Cool X Wallet」無しでは送金ができないので、現段階では最強の金庫と思われます。

取引手数料は無料です🙌✨板取引は近々始まりそうです👍🌟

2019年4月、北尾社長がRipple社の役員になりました🎉✨
日本でリップルネットとリップルXRPの普及に尽力している北尾社長、ますますこれからのご活躍が楽しみです😊🍀

SBI VC トレード公式ページ

出典:『「コインチェックはカス」、SBI北尾氏“衝撃発言”の真意』、MONEY PLUS
  「入金・出金の手数料」、SBI VCトレード

痛い目にあったコインチェックはSBIと並んで保管には適している🔑取引手数料・買値共に高いのが難点💸


2017年にコインチェックは初心者向けの使い勝手の良いデザインという理由で爆発的に広まり、日本で仮想通貨の存在を認識させるのにいい意味でも悪い意味でも一役を買いました🗾

金融庁のお役人が現場でガチガチに監督しているので、システム保全面では鉄壁と思われます🔑

しかしながら取引手数料は高いです💸
コインチェックのリップルXRPを含めたアルトコイン取引手数料はコインの販売価格に既に組み込まれているので、購入価格自体が最初から高く設定されています💦

ではアルトコイン取引手数料がどれくらい高いのか正確に調べるため、Coincheck公式「送金・売買・入金手数料」「Coincheck(コインチェック)の手数料は高いの?メリットとお得な利用方法とは」のふたつで探しましたが、理由はわかりませんがどこにもありませんでした🤔

(もしCoincheck公式からアルトコイン手数料の個別表などが出ているのをご存知の方がいましたら、記事も訂正しますのでお手数ですがご連絡ください🙇‍♀️💦)

MONAコイン事件の件も含めて個人的には不信感…です📶

出典:Coincheck「送金・売買・入金手数料」
   「Coincheck(コインチェック)の手数料は高いの?メリットとお得な利用方法とは」

MUFJ、SMBC、伊藤忠、電通、KDDI、JR東日本…最大手が出資する生活密着型取引所🌄ディカーレット(Decurret)

日本人なら誰もが知っている企業が出資し、生活に密着した仮想通貨の利用を目指す取引所「ディカーレット」🏡

電子マネーのSUICA(スイカ)を仮想通貨でチャージする構想や、様々なポイントやギフトを仮想通貨に交換する取り組みなど、他の取引所と目的が一線を画します✍

取引手数料は無料ですが、購入レートがコインチェックのように高い(販売手数料が入っている?)💸
また、取引量も少ないのが課題です😥

ディカーレットのパートナー企業一覧🏢

運営主体インターネットイニシアティブ(IIJ)は日本のリップルソリューションネットワークを支えている🗾🌐


ちなみにディカーレットの運営主体である「株式会社 インターネットイニシアティブ(IIJ)」は日本のリップルソリューションネットワークを支えています💡

出典:「ディーカレットの展望 私たちのパートナー」、Decurret
  「デジタル通貨 新時代の幕開けなるか? ディーカレット社長 スイカなどで仮想通貨チャージの狙いを語る イメージ画像も公開」、 Cointelegraph Japan
  「仮想通貨交換業者ディーカレットが34億円を調達 KDDIやコナミ、松井証券など12社が資金調達に参加」,
Cointelegraph Japan
  「内外為替一元化コンソーシアムにおける「RCクラウド2.0」構築完了のお知らせ ~セキュリティ・耐障害性を強化した商用版ソリューションを実現~」、SBIホールディングス
  「手数料」、Decurret

投資家に愛されるMT4を取り入れているBITPOINT🌎トレーダー向けの取引所

⚠️;現在新規口座申し込み受け付け中止中⚠️

MT4(Meta Trader 4)を取り扱い、システムシステムトレードを取り入れて運用もできる中~上級者向けの取引所💻
現物放置派なので私は口座持っていません😅

取引手数料は無料で、スプレッドもSBIよりも狭くキャッシュバックキャンペーンなどもよく催しており普及のために努力しておられる取引所という印象🌠
トレードに慣れていて頻繁に売り買いしたい人には良いのではないかと思います💡

2019年7月、BITPOINTは残念なことに35億円のハッキング被害を受けてしまいました😨💧
盗難に遭った分は現物補填ということで、「強制的に日本円で補填する」という今までの取引所の対応と異なり評価されています。

システムに穴があったのはあってはならないことですが、日本の取引所の歴史が少しずつ変化しているのが感じ取れました。

出典:「手数料・費用」、BITPOINT

注意が必要な取引所①:リップル現物を強制利確?GMOコイン⚠️

 

2019年5月にGMOコインから理由不明の口座解約通知と共に、取引所にあるリップルXRP現物は他に送金不可・日本円での出金のみ(強制利確措置)を促す事件が起きました。

通知を受けた方は解約させられる理由は身に覚えもなく、リップルXRPは長期保有分として購入しており、その時90万円の含み損だったそうです😢

この話はTwitter・DiscordなどのSNS上リップルコミュニティー内で解決方法を模索🌐


事態が大きくなってしまったせいか、強制利確させられそうになった方は最終的には利確せずに済んだそうです👏

実はGMOは外為FXでも約定せずに注文が流れた話もよく聞きます。

私がFXをガツガツやっていた頃から聞いていたので、個人的には避けた方が無難な取引所かなと思います。通貨売却時の出口の一つとして持つのは別に良いと思います🙆‍♀️

まだまだ成長途中の企業分野ですので、みなさんも身に覚えのないトラブルがあったら泣き寝入りせずにSNSなどでしっかりと情報発信・問題提起していきましょう📣

最後にリップルXRPの取引手数料ですが、成買い成売り(即時取引)が0.05%、板取引ですと-0.01%で、bitbank同様に手数料分が逆に貰えます👛

出典:「取引所(仮想通貨の購入・売却・レバレッジ取引)」、GMOコイン

注意が必要な取引所②:リップル買えないけどZaif!⚠️

広告に費用をかけすぎていてシステム管理が杜撰とハッキング騒ぎが起きる前から言われていたZaif!。

こちらではリップルXRPは取り扱いがなく、買えませんが一応注意喚起しておきます⚠️
テックビューロが買収したので大丈夫かと思いましたが、企業体質と言いますかシステム面でも安全とは言えない気がします。

みんなが危ないと言っていたZaif!が
遂にハッキングされた!

リップルXRP取り扱い取引所まとめ🌎口座は最低3つは持っておくと安心👍🌟

bitbank、Liquid、SBI VC、トレード、コインチェック、Decurret、BITPOINT、GMOと合計7つの取引所について比較してきました📊

『安くリップルが手に入れられる初心者向け🔰』となるとメインはbitbank、ラッキー狙いや何かあった時のためのサブ取引所でLiquid、リップルXRPに注力し、金庫として保管に適したSBI VCトレードかなと個人的には思います🔑

・取引所にも独自の特色や文化がある
・取引手数料は板取引をすると逆に手数料分が貰える場合がある💰✨
・「販売手数料」が価格に組み込まれていたり、
 買値と売値の間隔が広く設定され取引所が中抜きしている所もある💸
・注意しなければならない取引所もある⚠️

Decurretは今後SUICA(スイカ)などの電子マネー関連の展開が面白いかもしれませんね🚃🚋
保管に適している点も含め、口座を開いても邪魔にはならないと思います💡

皆さん、これを機会に世界を変える無限の可能性を持った通貨・リップルXRP📈🚀🌎
デビューしてみてはいかがでしょうか😊🎶

リップルを買ってみる

世界を変える通貨リップルXRPの無限の可能性📈🚀🌎
かつて「銀行コイン🏦」と呼ばれたリップルXRPとは

もし「おもしろい・役に立った!」と思ったら、SNSでシェアして頂けると嬉しいです😊🍀

bitbank QUOINEX bitbank
ABOUT ME
makimaki@japan
makimaki@japan
リップラーのマキ☆です! 外為FXで世界金融と大きなお金の流れに規則性があることを学び、ゴールドへ投資、次にデジタルゴールドを求め仮想通貨の順で投機と投資をしてきました。 政府系シンクタンク出身。今は育児に追われながら日本の財政破綻対策をメインに長期投資しています。 保有通貨 $xrp $ixt $bch(←少しだけ)